ルール

初心者が知らない意外なゴルフのルール!ハンディキャップとは?





スポンサーリンク

こんにちは、ビンです!

『ゴルフ好きのビンのブログ』にお越しいただき

ありがとうございます。

今回は、ゴルフ初心者が意外と知らない

「ハンディキャップ」について

紹介していこうと思います。

初心者の頃にはまだ「ハンディキャップ」

考えないでいいことですし、

コンペに参加するようになるまでは、

「ダブルペリア」という言葉にも

触れることもないかと思います。

僕もゴルフを始めた頃は、

・ハンディってなに?
・どうやって決めるの?
・ダブルペリアってなに?

といった感じで

意味がわからないものでした(笑)

だんだんとゴルフのことが

わかってくると、

あの人は「シングル」らしいから

「上手いんだな~」というくらいで

僕にもハンディってあるんだろうか?

僕のハンディはいくつくらいだろう?

と、自分の中で思ったものでした。

と言いながらも

未だに自分のハンディキャップを

知ることもなく

まあ、大会に出るわけでもなく

プロを目指すわけでもなく

ゴルフをする時は、

プライベートもしくは

付き合いでコンペに参加するくらいですので、

公式ハンディキャップを知ることは

ないと思います(笑)

ただもう1つの

「ダブルぺリア」(ダブルペリア方式)は、

コンペの時には定番で使われますので、

略式のハンディキャップですが、

お世話になることも時々あります。

初心者が知らない意外なゴルフのルール!ハンディキャップとは?1

初心者が知らないハンディキャップのルール?

どなたでも知っていることですが、

プロのトーナメントでは

「ハンディキャップ」はありません。

これは基本的にアマチュアが

使用するためのものになります。

まず「ハンディキャップ」について

「公式ハンディキャップ」

「略式ハンディキャップ」があり、

ゴルフでは、楽しむことを目的に

レベルの差をうめるように

ハンディキャップがあると言われています。

それでは、

「公式ハンディキャップ」と

「略式ハンディキャップ」ついて

紹介していきます。





スポンサーリンク

公式ハンディキャップとは?

「公式ハンディキャップ」は、

JGA(日本ゴルフ協会)の規定に基づいて査定されます。

この公式ハンディキャップの取得には、

・JGA加盟団体
・JGA正会員
・JGA個人会員・シニア会員
・都道府県ゴルフ競技団体
・(社)日本パブリックゴルフ場事業協会加盟ゴルフ場
・JGAが認めた組織・団体

に所属し、規定により5枚以上のスコアを

提出しなければまりません。

そうすると公式ハンディキャップが

取得できますが、

最低でも、2年間で10枚以上の

スコアを提出しなければなりません。

一般的には、

ハンデ9以下のゴルファーを「シングル」と言い

ハンデ0のゴルファーを「スクラッチ」と言います。

この公式ハンディキャップは、

競技でも使用することもなく

いわゆる「ゴルフの実力の証(あかし)」

といったところでしょうか。

初心者が知らない意外なゴルフのルール!ハンディキャップとは?2

プライベートハンディキャップとは?

次にプライベートハンディキャップの1つである

「ダブルぺリア方式」についてです。

この「ハンディキャップ」も

競技や正式試合で使用されることはありません。

「プライベートコンペ」などで

使用されるのが、この「ダブルペリア方式」となります。

この「プライベートハンディキャップ」は

初級者でも上級者にで勝てる可能性があり、

ゴルフコンぺを面白くする目的もあります。

また「ダブルペリア方式」では、

「公式ハンディキャップ」のように

ハンディキャップを取得する必要もなく

その時のスコアによってハンディキャップを

決めることが出来ます。

ダブルペリア計算方法?

このダブルペリア方式には、

18Hの中で12Hが「隠しホール」となっており

パーの合計が48となる12H(OUT・IN各6H)を設定し

その隠しホール12Hの合計スコアに1.5倍して

パー72を引き0.8倍したものが、

「ハンディキャップ」となります。

計算式

HDCP=(〈隠しホール12Hの合計打数〉×1.5-〈パー72〉)×0.8

例えば

隠しホールの合計打数が64だったとして

(64×1.5-72)×0.8=19.2

グロス(自分の総打数)が94だった場合、

94-19.2=74.8

ネットスコア(自分の総打数ーハンディキャップ)が

74.8となりました。

これであれば、

コンペでも上位に入る可能性が出てきます。

初心者が知らない意外なゴルフのルール!ハンディキャップとは?3

まとめ

今回のテーマ

「ハンディキャップ」について

いかがだったでしょうか?

「公式ハンディキャップ」は

あまり使うこともなく

自分の実力がどのくらいという

指標にはなると思いますが、

「プライベートハンディキャップ」は

コンペに参加した時などに

仕組みを知っていると

好成績を出せるも可能性もありますので、

参考にして優勝を狙ってみましょう!

それでは、最後まで読んでいただき
ありがとうございました。




スポンサーリンク