飛距離

ゴルフ初心者でも打てる?飛距離を伸ばして曲がりを抑える方法とは?





スポンサーリンク

こんにちは、ビンです!

『ゴルフ好きのビンのブログ』にお越しいただき

ありがとうございます。

今回は、「飛距離と曲がり」の関係性や要素について

紹介していこうと思います。

以前にも紹介しましたが、

僕は162cmと小柄ですので、

人に違わず飛距離に関しては、

・どうしたら飛ぶのか?
・どうしたら曲がらないのか?

ということを考えていました。

僕は、フェアウェイウッドが得意なので、

最終的には、それに頼っていくのですが

やはりドライバーで気持ちよく当たり

まっすぐ距離が出た時は、

気分爽快ですし、セカンドもショートアイアンで

打てる確率が上がり、スコアメイキングにも

影響してくると思います。

僕の感覚では、ゴルフ特にドライバーはメンタルな部分

大きいと思っています。

・左にいったらOBになるな~
・右の奥に池があるな~
・ショートカットしたいけどバンカーに
 吸い込まれそうだな~

このような経験があるのではないでしょうか?

それによって反対方向を狙いすぎたり

身体がうまく動かなかったり・・・。

僕もドライバーがうまくコントロール出来なかった頃は

右にOGがあるから、左を狙っていったら

チーピンになって結局はスコアを悪くしたり、

池越えのPar3やPar5の池越えの2打目の時に

池を超えることに意識がいき過ぎて

力んでしまって池ポチャになったりと・・・

やはり人間の欲はコワいもので

それが身体の動きに正直に出てしまします。

それが、アマチュアゴルフの面白いところでもあるのですが・・・(笑)

そういったことも含めて

飛距離や曲がりの要素

分析していきたいと思います!

飛距離と方向性は共存する?

ではまずドライバーの飛距離と方向性についてですが、

一般的には飛距離と方向性のどちらを取るか

というように言われています。

飛距離と方向性のどちらを取るかということになると

まずは飛距離を出すことを優先し

その後に方向性を求めていく

という求め方の方が良いのではないでしょうか?

飛距離を伸ばすには、色々な要素が必要になってきますし

方向性が良くなったから次は飛距離を・・・

とうまくはいかないようです。

また曲がりを抑えるための

ドライバーのコントロールショットは、

逆に力が入ってしまい、ミスをしやすくなります。

飛距離と曲がりの要素を理解して

しっかりといつも通り打っていく方が

飛距離および方向性の問題も解決出来るようです。

ゴルフ初心者でも打てる?飛距離を伸ばして曲がりを抑える方法とは?1





スポンサーリンク

飛距離の要素とは?

飛距離の要素と言われているのが、

・球の初速
・打ち出し角度
・スピン量

となります。

この3要素が重要で、

球の初速は、もちろんですが

打ち出し角度とスピン量の良い組み合わせによって

飛距離を伸ばせるようになります

球の初速

球の初速とは、球がクラブに当たって

飛び出していく速度で、

ヘッドスピードが速くても、ミート率が悪いと

この球の初速は上がりません。

球の初速 = ヘッドスピード × ミート率

ヘッドスピード(m/s) 平均飛距離(yd)
プロゴルファー 48~ 290
アマチュアハードヒッター 43~48 250
一般ゴルファー 38~43 220
女性ゴルファー ~33 160
ミート率
プロ 1.40~1.45
アマチュア 1.35~1.39

打ち出し角度

打ち出し角度とは、球が打ち出される角度のことで、

打ち出し角度は、ヘッドスピードとスピン量によって変わってきます。

これに関係してくるのが、

クラブのロフト角になります。

球の初速が速い人は、小さめのロフト角

球の初速が遅い人は、大きめのロフト角にすると

これにより良い打ち出し角度を出すことが出来ると

飛距離を伸ばすことに期待が出来ます。

ちなみに理想的な打ち出し角度は、12~14度

と言われていますので、

自分に合った打ち出し角度を求めてみるのも

飛距離を伸ばす近道になるかもしれません。

スピン量

スピン量とは、バックスピン量の略のことで

スピン量により球が高く上がり

球の初速が速い人はスピン量が増えて

飛距離を伸ばすことが出来ます

逆に球の初速が遅い人はスピン量が減り

飛距離を稼ぐことが出来ません。

ゴルフ初心者でも打てる?飛距離を伸ばして曲がりを抑える方法とは?2

曲がりの要素とは?

次に曲がりを抑える、曲がりの要素ですが、

①インパクトのフェースの方向に球が飛び出して
②スイングの軌道で「曲がり」が決まる

ドライバーが右に曲がる人は、インパクトの時に

フェースの方向が右を向いており

左に曲がる人は、左を向いています。

これを頭に入れるだけでも

練習などで修正出来ますが、

どうしても直らない場合は、

右に曲がる人は、「フックフェース」のクラブ

左に曲がる人は、「オープンフェース」のクラブ

に変えることだけでも、曲がりの問題は解消されます。

一度、試すことをお勧めします。

またこういった意識を持つことで、

飛距離の要素の「ミート率」との関係も

非常に重要になってきますので

あわせて意識するとこの2つの解消に

なるのではないでしょうか?

ゴルフ初心者でも打てる?飛距離を伸ばして曲がりを抑える方法とは?3

まとめ

今回のテーマ、

「曲がりを抑えて飛距離を出す方法」は

いかがだったでしょうか?

ゴルフの真骨頂の1つでもある

「飛距離+方向性(曲がりを抑える)」

これって永遠のテーマかもしれませんね(笑)

今回のテーマを参考に

楽しいゴルフ、爽快なゴルフが出来るよう

願っております(^^♪

それでは、最後まで読んでいただき
ありがとうございました。




スポンサーリンク