俳優

寛一郎の演技力は両親や祖父ゆずり?家族構成やプロフィールも?





スポンサーリンク

こんにちは、ビンです!

『ビンのきまぐれブログ』にお越しいただき
ありがとうございます。

今回は、

「寛一郎の演技力は両親や祖父ゆずり?
 家族構成やプロフィールも?」

というテーマで調べてみました。

寛一郎さんは

若手イケメン俳優であり

その血統が凄いということで

気になることをまとめてみました。





スポンサーリンク

寛一郎の演技力は両親や祖父ゆずり?

寛一郎さんですが

どうやら

かなりの芸能一家出身

いわゆる「サラブレッド」のようです。

寛一郎さんは

デビューして最初の頃
「ドラマや映画に出過ぎでは・・・?」

と、ネット上で言われ

それが「おじいさま」や「お父さま」が
実力派俳優だったことから

デビュー後にオファーが殺到した
になったようです。

そのため

・3世タレントだからか・・・?
・親のコネか・・・?

などと、言われていたようです・・・。

しかし、それに関しては

まず

寛一郎さんが役者になることを
お父さまに言った時に

お父さまは「まあ、そうか」と
一言で終わったようですし

「私が父親というのを関係なく
 息子にはオファーしてください」

と、息子の寛一郎さんの仕事には
一切関与していないようです・・・。

そういった環境に
寛一郎さんは

「他の人からみると、
 こんな順調な役者人生はないのかもしれないとも思いますが、
 現状に満足はしていません。
 今一番欲しいのは実力、自分のスキルです。 
 できないことを環境のせいにはしたくない。
 みんなもがき苦しみながら役者をやっているんですよね。」

と、言っていたようですが

ただ一方では、

芸能一家で育ち

祖父や父親の影響で
役者になったことには

「血は争えない」

言っていたようです・・・笑

ということで
色々な噂があるようですが、

ご自身の力で
頑張っているようですね(^^♪

その証として・・・

寛一郎さんは

2017年に俳優デビュー

第27回日本映画批評家大賞の
「新人男優賞」を受賞、

翌年に第92回キネマ旬報
ベスト・テン「新人男優賞」

第33回高崎映画
「最優秀新進俳優賞」

第28回日本映画批評家大賞
「助演男優賞」

と、

すでに数々の「賞」
受賞されており

その演技力・才能のスキル

やはり祖父や父親ゆずりなのでしょうね(^^♪

寛一郎の家族構成

まずは寛一郎さんのお父さまですが

芸能界では知らない人は
いないと思われる

あの大物俳優

「佐藤浩市」さんです。

寛一郎の演技力は両親や祖父ゆずり?家族構成やプロフィールも?1

佐藤浩市さんと言えば

誰もが知る俳優さんで

歳を重ねるごとに

どんどんとシブくカッコいい

俳優さんですよね(^^♪

その佐藤浩市さんのプロフィールですが・・・

名前  : 佐藤 浩市
生年月日: 1960年12月10日 
出身地 : 東京都新宿区 
血液型 : A型 
身長  : 182cm 
事務所 : テアトル・ド・ポッシュ
職業  : 俳優

となっており、

佐藤浩市さんの

主な主演作品

~ドラマ~

・1980年
 「続・続 事件 月の景色」
・1983年
 「ひとりぼっちのオリンピック」
・1985年
 「CF愚連隊」
・1988年
 「隠密・奥の細道」
 「湯の町駅伝」
・1989年
 「あしながおじさん殺人事件」
  ~火曜サスペンス劇場~
・1990年
 「夢を喰う男」
  ~火曜サスペンス劇場~
 「法則のある死体たち」
・1993年
 「ホテルドクター」
・1994年
 「横浜心中」
 「天上の青」
・2000年
 「天気予報の恋人」
・2002年
 「天国への階段」
・2003年
 「疑惑」
 「高原へいらっしゃい」
・2005年
 「クライマーズ・ハイ」
・2007年
 「天国と地獄」
 「風の果て」
・2008年
 「本当と嘘とテキーラ」
・2009年
 「誰も守れない」
 「官僚たちの夏」
・2010年
 「SAMURAI CODE」
 「パンドラⅡ飢餓列島」
・2011年
 「最後の晩餐
  ~刑事・遠野一行と七人の容疑者~」
 「陽はまた昇る」
・2012年
 「終着駅
  ~トワイライトエクスプレスの恋~」
 「ブラックボード
  ~時代と戦った教師たち~」
・2013年
 「怪物」
・2014年
 「READERSリーダーズ」
・2015年
 「ハッピー・リタイアメント」
・2017年
 「石つぶて
  ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~」
・2018年
 「Aではない君と」

~映画~

・1982年
 「青春の門 自立篇」
・1984年
 「蜜月」
・1985年
 「ペンギンズ・メモリー幸福物語」
・1986年
 「デスパウダー」
・1988年
 「敦煌」
・1989年
 「文学賞殺人事件 大いなる助走」
・1993年
 「結婚 佐藤・名取御両家篇」
・1994年
 「忠臣蔵外伝 四谷怪談」
・1995年
 「プ」
 「GONIN」
・1996年
 「美味しんぼ」
・1997年
 「LIE lie LIE」
・1998年
 「らせん」
 「あ、春」
・2002年
 「うつつ」
 「KT」
・2003年
 「魔界転生」
・2004年
 「感染」
・2006年
 「スターフィッシュホテル」
・2008年
 「ザ・マジックアワー」
・2009年
 「誰も守ってくれない」
・2010年
 「最後の忠臣蔵」
・2013年
 「草原の椅子」
 「人類資金」
・2015年
 「愛を積むひと」
 「起終点駅ターミナル」
・2016年
 「64-ロクヨンー前編後編」

となっており

主演作品だけでも

これだけ出演されています。

さすが大物一流俳優ですね(^^♪

当然ですが

お父さまが「佐藤浩市」さんということは

おじいさまは、

あの「三國連太郎」さん

ということになります。

寛一郎の演技力は両親や祖父ゆずり?家族構成やプロフィールも?2

また三國連太郎さんのプロフィールですが・・・

名前  : 三國連太郎
本名  : 佐藤 政雄(さとう まさお)
生年月日: 1923年1月20日
没年月日: 2013年4月14日
出身地 : 群馬県太田市
血液型 : AB型 
身長  : 178cm  
職業  : 俳優・映画監督

となっており、

俳優だけではなく

映画監督もされてたんですね。

ちなみに・・・

寛一郎さんのお母さまも

元舞台女優さんだったということです。

寛一郎の演技力は両親や祖父ゆずり?家族構成やプロフィールも?3

元々、佐藤浩市さんの
大ファンだったようで

佐藤浩市さんに会うために

芸能界へ入ったとのことです。

それで出会えて結婚まで
出来るのって

何かのご縁
つながってるのでしょうね(^^♪

寛一郎のプロフィール

寛一郎さんのプロフィールですが・・・

名前  : 寛一郎
本名  : 佐藤 寛一郎
生年月日: 1996年8月16日 
出身地 : 東京都世田谷区 
血液型 : A型 
身長  : 181cm  
事務所 : T-artist
職業  : 俳優

となっており、

幼い頃から佐藤浩市さんに
連れられて映画の現場を見て育ち

俳優になるつもりはなかっものの

18才の時に俳優への道を決意し

高校卒業後にロサンゼルスに
留学されたそうです。

そんな寛一郎さんの
主な出演作品は

~ドラマ~

・2018年
 「ミッドナイト・ジャーナル
  消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」
 「青と僕」
 「ドロ刑-警視庁捜査三課」
 「リーガルⅤ~元弁護士・小島遊翔子」
 「悪党~加害者追跡調査」

~映画~

・2017年
 「心が叫びたがってるんだ。」
 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
・2018年
 「菊とギロチン」
・2019年
 「チワワちゃん」
 「君がまた走り出すとき」
 「雪子さんの足音」

~吹き替え~

・2018年
 「空海-KU-KAI-
  美しき王妃の謎」

と、

ドラマや映画と活躍されています。

父親譲りの演技力に

今後も期待したいところです。

まとめ

今回のテーマ

「寛一郎の演技力は両親や祖父ゆずり?
 家族構成やプロフィールも?」

いかがだったでしょうか?

俳優というカテゴリーでは

申し分ない「血統」をお持ちの

寛一郎さんを

今後も注目していきたいと思います。

それでは、最後まで読んでいただき
ありがとうございました。





スポンサーリンク